「糖化」を防ぐには???

こんにちは!
ヨガ担当のMAYAです(*^^*)

先日テレビで「糖化」について特集していました。
糖化とは、体の中でたんぱく質と食事から摂取した余分な糖が結びつき、たんぱく質を劣化させ老化物質を生成する反応のことです。

例えばケーキを焼くと、スポンジがコゲつき茶色い部分がありますよね。
あれも卵のたんぱく質と、砂糖の糖が結びついて糖化している状態のひとつです。
あれと同じことが体の中で起きると、肌や細胞などたんぱく質の変色、こわばり、老化が起きるのです。

食が溢れている日本。
食べ物に困ることはあまりないですよね。
そうすると食への感謝も薄れていきます。
我が家の子供達も平気で食事を残したりしてしまいます。
悲しいことですねf^_^;)
そして、糖の取りすぎによって糖化が起こり、いろんな不調を起こしてしまうというのは、とても残念です。
一度糖化してしまったたんぱく質は、元に戻すことは困難ですが、予防は出来ます。
食べ過ぎないことはもちろんのこと、食べる順番を工夫したり、有酸素運動も効果的です。

ヨガは呼吸をたっぷりしながら行うので、有酸素運動。
取りすぎた糖を消化して、一緒に気持ちよく若返りましょうo(^_^)o

水曜日 品川クラス
11:15~12:15
12:30~13:30
お待ちしています!