腕の付け根って?

人間の腕ってどこからでしょう?
二の腕?肩?胸?
実は肩甲骨からが腕なんです。
このことを意識してポーズを行うと、力強くてダイナミックなポーズをとることが出来ます。

 

unnamed

 

 

↑良い例です。

ヨガにおける、プランクポーズ。
日本語では板のポーズ。
体を板のように硬くして、頭からかかとまで一直線に保ちます。
ポッキーがポキッっと折れないように、、、(オヤジギャグ)
シーン(笑)
これは、養成中に教えてもらっていた先生のギャグを借りました(笑)

さて。
話を戻し、、、
この時に肩で床を押す、という表現をすることがありますが、これが「肩甲骨から腕」を使うということ。
「肩甲骨からが腕」を意識していないと、体幹部が床に落ち、お腹に力が入らず、正しくポーズを行うことが出来ません。

 

IMG_4046 (1)

↑悪い例です。

 

肩甲骨を外側に開き、腕の長さを長くするようにして床を押すと体幹部に力が入り、ポーズが取りやすくなります。
また、最小限の力で体を支えることが出来るので、ぜひやってみて下さい!

 

現在渋谷のスタジオではなんと9:30-から

ボディコンディショニングヨガ開催しております!

週初めにすっきりとYOGAはいかがでしょうか??

 

体験レッスンも随時お待ちしております。

少人数制YOGAなので安心だと思います