IMG_6586

アップドッグについて

こんにちは!
ヨガ担当のMAYAです。
今日はアップドッグについて。
ウールドヴァ ムカ シュヴァナーサナ。
犬が上を向くポーズです。
太陽礼拝によく出てくるポーズですが、体前面を伸ばし、体が開くことで、若返りの効果が期待できます。
胸を開くことで心配機能もアップ、手首や腕の強化、骨盤周りの筋肉を強くしなやかにしていきます。
背骨の柔軟性も高めて、脊柱調整にも効果的です。

ただ、間違ったやり方をすると、腰痛を引き起こしてしまします。
正しく行いましょう。

これは、悪い例です。
体を反らすことだけに集中していて、背骨のひとつひとつのスキマをつぶしています。
腕に体重がのっかっている状態で、関節にも負担をかけてしまいます。

さて、良いアップドッグは、というと。
手首の上に肩があり、しっかりとマットを押して肩が後ろに開くことで胸が開き、呼吸がしやすくなり、心配機能アップにも繋がります。
ただ反らすのではなく、背骨のひとつひとつのスキマをあけるようにしてから、背骨全体を反らしていくことで、腰痛を防ぎながら、腹筋と背筋のバランスを整え、自分に必要な筋力を作っていきます。
ツライ場合は、コブラのポーズに戻りましょうね(*^^*)