小麦はどうして良くないのか?

今日は、今年最後のレッスンでした。
また来年も皆さんと楽しく安全にレッスンしていけることを楽しみにしています。

今年のうちにやり残したことをひとつずつ片付けている私ですが、小麦がなぜ良くないのか?
今日はそのことについて書いてみようと思います。
(今度書きます〜って言ってしばらく放置していたので。(笑)やり残したことはやっておかないとね( ̄▽ ̄))
私達が購入する小麦粉の大半は輸入にたよっています。
そして、その輸入先である外国では、小麦の品種改良を重ねてきました。
改良し過ぎて、かつての質の良さはもうないと言っていいほどだと言います(u_u)

では、国産の小麦ならいいのでは?
外国産より国産の小麦の方が質がいいかと思います。
でも、そもそも小麦に含まれるグルテンの取りすぎは、中毒性があることで過食になりがちだったり、アレルギーを引き起こしていたり(自覚がない場合もあります)、原因の分からない不調を起こしていることもあります。
最近では、グルテンフリーなんて言葉も聞くようになってきましたよね。
小麦を断つと痩せる、肌がキレイになる、など体に良い変化が期待されますが、あまりにストイックになり過ぎると何も食べれなくなってしまうような気もします。
それに、食べたいものをガマンしてストレスになるのなら、健康ではないですよね。

でも、知っておくことは大事です。
知った上で摂取するのは自由だし、自分で選択することは自分の責任。
たくさんの情報が溢れる中、私も含め皆さんも感情や欲望が振り回されることがあると思います。
そんな時でも自分で決断しているんだ、自分は本当に何がしたいのか、何を食べたいのか、って、自分の心に聞いてみることはとても大切です(*^^*)

年末年始、忘年会や新年会など、たくさん体に入れることが多いと思うので、体から出していくことも意識しつつ、楽しんでくださいねo(^▽^)o

ちょっと長く書き過ぎましたが、来年も皆さんにとって、素敵な年になりますようにo(^▽^)o